女性に多い肺腺癌は抗がん剤が有効?治療と入院の期間は?費用はいくら掛かるの?

がん

歌舞伎役者の中村獅童さんや、故 野際陽子さんが発症した癌として有名な肺腺癌ですが

獅童さんは全くタバコを吸わなかったのに肺腺癌を発症したのをTVで見た時

ふと思いました、肺がんは喫煙と関係が深いと思っていたけど違うのかなと。

 

女性の肺がんの多くが肺腺癌である事、非喫煙者や女性に多く発症する肺がんである事などが

分かっています。

 

肺腺癌の特徴や治療に有効な手段と生存率や治療、入院の期間

治療に掛かる金額の目安など気になる事を教えちゃいましょう。

肺腺癌の特徴と初期症状や治療法は?抗がん剤や放射線治療等の有効性は?

 

肺腺癌の特徴は喫煙との直接的な因果関係が無くて女性の発症者が多いんだ

非喫煙者にも多く発症するよ、末梢部や肺野部の発症が多のも特徴の一つさ

そして進行が比較的に緩やかで初期症状が殆ど無く放射線治療や抗がん剤治療の効果が薄く

効きにくいという厄介な面も有るんだよ。

 

有効な治療法としては、定期的ながん検診で早期発見して手術で切除するのが一番だけど

最近ではがん免疫療法(NK細胞療法等)や免疫チェックポイント阻害剤キイトルーダや

オプジーボが効果を上げているし、前記2つの併用療法で効果の高さが認められているんだよ。

肺腺癌ってどんな癌なの?

肺腺癌とは肺がんの中で非小細胞肺がんに区分された中の1つです

他にも肺がんは小細胞肺がんという区分が有って2つに大きく分類されているんだよ。

 

そして肺腺癌が含まれた非小細胞肺がんは腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんと3つに別れていて

肺がんと言っても4つの肺がんが有るんだ。

 

肺がんは日本人のがんの中で一番多いがんで、その中で肺腺癌は肺がんの中で最も多く

60%を占めていているので日本人が一番発病しやすい身近ながんと言えるね。

 

ちなみに他の肺がんの占める割合は、肺扁平上皮がん20%小細胞がん15%

大細胞がん5%の割合で発病するよ。

肺腺癌の生存率は?

がん全般で生存率とは一般的に5年生存率の事を言っているんだよ

肺腺癌の区分である非小細胞肺がん進行度別でいうと、ステージⅠで手術後70~80%が生存

ステージⅡで手術後50~60%生存、ステージⅢで手術後30~40%生存

放射線と化学療法で15~20%生存、ステージⅣでは5年生存0

化学療法で1年生存50~60%とデータで出ているんだ。

 

そしてがん免疫療法(NK細胞療法等)や免疫チェックポイント阻害剤キイトルーダやオプジーボの

5年生存率は症例が少ないが、キイトルーダで25%、非小細胞肺がんではないがオプジーボが

34%なんて高い症例が出ていて、化学療法よりも効果が高いとされていて

がん免疫療法(NK細胞療法等)との併用で更なる高い効果も期待できるんだけど

まだまだ治療というより延命治療との位置付けが強い感じだね。

肺腺癌の治療期間と費用はどの位なの?

がんの進行度にもよるけど、治療期間は順調に治療が行われていれば、入院が1週間~1ヶ月半

退院後2週間~1年以上、思わしくなければ長期化してしまうよね

それに定期的に検査をするので一生病院とお付き合いする事になっちゃうね。

 

費用も進行度によるね、保険適用で130~650万円、適応外や混合診療
(保険診療と保険外診療の併用)

では上限は分からない位高額になっちゃうね。

 

そして高額療養費制度という制度が有るんだけど怖いのが、返って来る治療費は

保険適応された金額だけなんだ、保険適応外や混合診療の治療費及び入院費、差額ベッド代

交通費は返って来ないんだ、がん治療は保険適応外が多く混合診療になりやすく

料金の高騰に繋がりやすい病気の一つなんどよ。

まとめ

 

肺腺癌は進行が比較的に緩やかで、初期症状が殆ど無く、放射線治療や抗がん剤治療の効果が薄く

効きにくいんだにゃ。

 

肺腺癌は肺がんの中の非小細胞肺がんに区分された中の1つで、日本人が一番発病しやすいがんだにゃ。

肺腺癌は喫煙に関係なく発病し、女性が発病しやすいがんで、末梢部や肺野部の発症が多く進行速度が遅い

初期症状が殆ど無いので、定期的ながん検診で、早期発見し手術による切除と免疫療法(NK細胞療法等)や

免疫チェックポイント阻害剤キイトルーダや、オプジーボ及び2つの併用療法が効果的だにゃ。

 

肺腺癌の5年生存率は、早期発見してステージⅠで手術で切除すれば70~80%

ステージⅣでは0%、しかしがん免疫療法(NK細胞療法等)や

免疫チェックポイント阻害剤キイトルーダや、オプジーボを使えば延命の可能性は上がるんだにゃ。

 

治療期間は早期発見早期治療で、2ヶ月プラス定期検査、末期に近いほど治療に期間が掛かり

費用も増えていく、治療費はがん全体に共通して保険適応外治療が多く

高額療養費制度が使えず高額になりやすいんだにゃ。

 

今出来るがん対策としては定期検診とがん保険へ契約する事が一番の対策なんだにゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました