夏の夜はエアコンの温度を何度に設定すれば快適に眠れるの?

家電

寝苦しい夏の夜にはエアコンを点けて寝る人が大半でしょう。

 

テレビでエアコンの設定温度は28℃に設定しましょう!

なんて言ってますが昼間は28℃じゃ暑くて仕事にならないですよね

でも寝る時は28℃で丁度良いのかな?

 

そしてもう一つ気になるのが電気代、エアコン点けっぱなしで快眠出来ても

電気代が高くなると嫌だよね、いったい何度が良いのか

私の家で実際やってる温度設定と共に公開します。

 

夏に快眠できるエアコンの温度設定は?

人の快眠出来る温度は26℃前後が目安だよ、でも人によって暑がりや寒がりがいるから

暑がりさんは25℃、寒がりさんは28℃が目安だね。

 

それでは我が家の就寝時のエアコン設定を公開するね。

 

我が家では普段のエアコン温度を28℃にしているよ、だけど就寝時のエアコン温度設定は

27℃に下げるんだ、そして外気が暑い時は1時間~2時間、それ程暑くない時は30分間

タイマーをかけて寝ているんだ、エアコンは温度設定以外に、吹き出しの羽を水平か、やや上にして

扇風機を併用しているよ、扇風機は首を少し上げて、風が体に直接当たらず体の上をスレスレ通る様に

調整しているんだよ。

そして私は腹掛けのタオルケット、嫁は毛布を全身に掛けて寝ているよ、暑いと感じたら眠れないし

寒いと感じても眠れないので、複数の人が同室なら掛ける寝具で調整するしか無いよね。

 

それとエアコンや扇風機の風を直接体に当てると関節痛などの原因になるから気をつけようね。

なんで26℃前後が快眠出来る温度なの?

人間は寝ると体や脳を休める為に体温を下げるんだよ。

 

体温を下げる為には熱を放出しないといけないから、体内の熱を表皮に移して放熱するんだ

そして温度の上がった表皮が熱いまま下がらないと気持ちよく眠れないんだよ、その体温を下げるのを

助ける役目が寝汗なんだ、寝汗をかくのは気化熱で体温を下げる為の人間の機能の一つなんだよ

その証拠に眠り始めの寝汗は多いけど、眠りが深くなれば暑くない限りそんなに出ないんだ。

 

だから体温の放熱を適度に進ませる、体温より約10℃低い26℃前後が快眠できる温度なのさ

扇風機を併用すれば寝汗の気化熱が促進するので、エアコンの温度を上げることも可能だよ。

暑がりでエアコンを朝まで点けたら電気代は高くない?

今のエアコンは省エネ設計で、電気代もそんなに掛からないので

朝まで点けても気にならない程度だよ。

 

でも気になる人は少しでも電気代節約の為に、タイマー掛けて扇風機を併用しようね。

気温は朝の5時~6時に最低になるんだ、真夏でも朝は涼しいよね、だから熱帯夜で

相当温度が高い時以外は、朝までエアコンを点けておく必要は無いと思うよ

現に我が家ではエアコンのタイマーを掛ける時間は長くても2時間で停止だよ。

 

暑がりで夜中に起きてしまうのならタイマーの時間を調節するか朝まで点けておくといいよ。

 

眠る時に一番駄目なエアコンの使い方は、タイマーが切れた後に、暑くで途中で起きてしまう事だよ

快眠出来ていないので、疲れも取れないし、エアコンをもう一度点けるから電気代も掛かるからね。

 

エアコンで一番消費電力が掛かるのは、スタート時の温度を下げる時なので

点けたり消したりは代えって電気代が掛かっちゃうんだよ。

まとめ

 

夏に快眠できるエアコンの温度設定は26℃前後が目安だにゃ。

 

人によって温度設定は変わる、暑がりさんは25℃、寒がりさんは28℃が目安だにゃ。

 

扇風機を併用するとエアコンの温度は上げられるにゃ、でも風を直接体に当ててはいけないにゃ

関節痛などの原因になるにゃ。

 

人間は寝る時に体や脳を休める為に体温をさげるんだにゃ、気持ちよく寝るには

体温の放熱を適度に進ませる、体温より約10℃低い26℃前後が快眠できる温度なんだにゃ。

 

暑がりの人は朝までエアコン点けっぱなしのほうが良いんだにゃ、タイマーが切れて

エアコン点け直すのは疲れも取れず、電気代も無駄なんだにゃ。

 

エアコンは点けたり消したりが一番消費電力が上がるんだにゃ。

 

夏の夜で一番大切なのは快眠する事だにゃ、次の日に疲れを残さない様にシッカリ睡眠取るんだにゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました